たくさんのカントリー家具を見比べてみたら

全世界でおよそインテリアと呼ばれるものを集めたら、大変な量になるのは間違いありません。その国ごとに文化があり、気候や風土に合わせた家具が使われているのは間違いない話です。特に一昔前に現役で使われていたカントリー家具などはその魅力的なデザインや機能性の高さ、木工、金工細工の粋を極めている点などが基本となって、どの国のものも非常に人気があります。時代を経ると木工よりも金物系が多くなるのですが、今は木でできたものが注目されているのです。たくさんのカントリー家具を見比べてみたら、どの国のものも味わいがあり、多くの人に愛されてきたことがわかりました。これらは実際に利用されてきただけあって、使いやすそうなデザインと合理的な機能が組み合わさっています。それはアメリカのものもイギリスのものも同じであり、使われるだけのことはあるのです。

 

カントリー家具を作っているメーカー

 

家具にこだわろうと思えばどこまでもこだわりぬけるところではありますが、特に雰囲気たっぷりのカントリー家具などは、見ているだけでも幸せな気分にしてくれます。主に木製のものも多く、絵本や童話などの世界などを自分の部屋でも作ることが出来そうな、そんな気持ちにさせてくれることも人気のひとつでしょう。メーカーも豊富にあり、これもまた国産や海外問わずにあるので選ぶとなると結構大変です。もちろんこれは嬉しい悲鳴ではあるのですが、最初に自分好みのテイストのメーカーなどがないか探してみてからにすると探しやすいでしょう。もしテーブルが欲しいとか、どの家具が欲しいのかも決まっているのであればなお商品を絞ってみた方が自分にぴったりの家具に出会えます。探せば探すほど、これもあったのかという新鮮な驚きに包まれること請け合いです。

 

カントリー家具が大好きです

 

自分はカントリー家具が大好きです。木の温もりや、色合いがとても落ち着きますし、自然の中にいる様な気分にもなれます。ですから、自分の家は基本的にナチュラルな素材の家具が多いです。最近では自分で作るカントリーの家具もあるらしいです。自分も挑戦はしてみたいですが、材料費や時間を考えるとどうしても買った方が安上がりの様な気がしてしまいます。しかし、食卓テーブル等は自分の家の設置したい場所に合わせた大きさや形の物を作れるので、将来的には作ってみたいと考えています。自分がカントリー家具で好きなのは、その家具に触れた時の手触りです。温かみがあり、自然に触れている様な感じがして落ち着く事が出来るのが好きです。また、自然の素材を使っていると言う事から、同じデザインの物は無いと言う事も好きな事の1つです。形は一緒だとしても、それぞれの家具が違う表情を持っているというのは素晴らしい事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*